2016年02月24日

超音波スケーラーとエアースケーラーの違い

この文章は超音波スケーラーとエアースケーラーの違いをまとめる。主に使用範囲、原理、振動などの面から超音波スケーラーとエアースケーラーの違いをまとめる。
使用範囲から言えば
超音波スケーラーがペリオ、縁下の歯石の除去やバイオフィルムの破壊にも同等に大変活躍しているのを考えますと、使用方法がかぎれていますね。
そして、その原理は空気で発生するエネルギーを回転力に変えて、これをハンドピース内で振動に交換しています。
エアースケーラーが主に使用されるのは、現在も歯肉縁上歯石のスケーリングです。
原理から言えば
歯石除去スケーラーはエアースケーラーより効率が大きくなり、安全性も大きくなります。
超音波スケーラーは、主に歯肉縁上歯石のスケーリングを行なう際に使用します。
歯石除去スケーラーには様々な種類があり、性能もそれぞれ異なりますが、振動によって歯石を破壊し、除去します。
歯科スケーラーは歯石の除去以外に、クラウンなどの補綴物の除去や根管洗浄にも使用されることがあります。
振動から言えば
歯科スケーラーとエアースケーラーの両者とも音波による振動を利用しており、歯根面に付着した歯石やバイオフィルムなどを除去します。超音波スケーラーは毎秒18,000~50,000サイクルで振動します。エアースケーラーは毎秒2,000~6,000サイクルで振動します。
もちろん、ほかに超音波スケーラーとエアースケーラーの違いもあります。
参考文章:「超音波スケーラーとエアースケーラーの両者の特徴を比較」という文章をお勧めします。

歯科販売.com の山本優奈より


Posted by 歯科販売 at 12:08│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
超音波スケーラーとエアースケーラーの違い
    コメント(0)