2016年02月03日

口腔内カメラ設定注意事項について

この文章は口腔内カメラ設定注意事項について説明させていただきます。

口腔内カメラをインストール時、USBが認識しないと、以下の問題に注意してください。

①電源ソケットをちゃんと接続するかをご確認ください。

②マシンはホストコンピュータのマザーボードの後ろのUSB2.0のUSBインターフェースに接続してください。フロントエンドのUSBインタフェースを使用しないでください。ホストフロントエンドの大部分はUSB1.1であるためです。(the machine need to connect with USB interface behind the host computer motherboard based USB2.0 . please do not use front-end USB interface. because most of the host front-end is USB1.1.the picture image occur poor quality and unstable.)

そして、手持ちのデスクトップでも、だめでしたなら、ノートパソコンにインストールしてみてください。(歯科販売com の山本優奈より)
もし歯科用品を購入したいなら、www.shikahanbai.com をお勧めいたします。

歯科用カメラを使用することにより口腔内を明るく鮮明に映し出すので、患者さんが患部の状態にもわかりやすい歯科口腔内カメラである。口腔内カメラは歯医者さんにとって重要なツールである。開発型メーカーである私たちにとって、性能がいいのは絶対条件。歯科用カメラがその根底にあるのは、ドクターにはどれだけ扱いやすく、患者さんにはいかに「見てわかる安心」を与えられるかという考え方。さりげない存在感で院内を明るく彩ります。




Posted by 歯科販売 at 16:55│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
口腔内カメラ設定注意事項について
    コメント(0)